クレジットカード利用の際の注意点

 クレジットカードの利用に当たって、いくつかの注意点があります。良く理解して快適なカードライフを送りましょう。

計画的な利用

 一般に、月々の支払は、収入(可処分所得)の20〜25%が上限といわれます。

 クレジットカードの利用は、あなたのご自身の収入に合わせて計画的にしましょう。

 万が一、支払いに支障が生じた場合には、必ずカード会社に相談してください。

 相談は、支障が判明した時点で、直ちに行ってください。

支払期日の遵守

 支払期日までに支払うことができな買った場合は、遅延損害金を支払うことになります。

 クレジットカード会社によるあなたへの信用がなくなり、クレジットカードの利用ができなくなる場合があります。

 支払期日は、厳守です。

 守れないクレジットカードの利用や、支払計画はたてないようにしましょう。

利用限度額

 クレジットカードには、通常、利用限度額があります。また、カードによっては、あらかじめ限度額を設定していないものもあります。

 クレジットカードを利用するときは、自分のカードの利用限度額をしっかり頭に入れたうえで使用するようにしましょう。

 利用限度額を超えた使用の場合には、クレジットカードの利用ができません。利用限度額を超えることが想定される場合には、あらかじめカード発行会社に連絡し、相談のうえ、対応してください。

会員規約

 クレジットカードの会員規約は、あなたがクレジットカード会社と守らなければならない事項や、クレジットカードを利用するに当たっての重要なきまりが記載されています。

 クレジットカードを申し込むに当たっては、キチンと内容を読み、分からない点は、しっかりとクレジットカード会社から説明を受けてください。

クレジットカードは貸出し絶対禁止

 クレジットカードは、名義人以外は使用できません。たとえご家族の方であっても、使用できません。

 貸し出したことにより生じたあらゆる損害、その他の責任は、すべて名義人である、あなた自身の責任となりますので、くれぐれもご注意ください。

クレジットカードは誰のものか

 クレジットカードは、カード会社があなたに貸与しているものです。あなたに所有権があるものではありません。したがって、盗難や紛失など、管理には、十分にご注意ください。

 クレジットカードが貸与は、クレジットカード会社のあなたへの信用によって行われていることを忘れないでください。

クレジットカードのサイン(署名)

 クレジットカードには、必ずカードの裏の所定欄にサインをしてください。

 サインのないカードは利用できません。

 サインは、カードが本人のものであるという確認を行うために義務付けられています。

 また、カードのサインが、盗難や紛失の際のトラブルの防止に役立ちます。

 仮に、クレジットカードにサインがない場合には、カードが不正使用された時にも、損害額が補償されませんので、くれぐれもご注意ください。

クレジットカード使用時の利用代金確認

 クレジットカードで商品を購入する際には、売上票にサイン(端末機への暗証番号を入力)をすることになります。あなたがサインをした金額は、あなたの承認があったものとして扱われます。

 売上票に記入された利用代金は必ず確認してください。

 特に、海外では、商店の信用度が分からない場合が多く、売上票も日本円以外の現地通貨で表示されるため、注意が必要です。

売上票の控は大切に保管

 お店から交付される売上票の控えや、CD、ATM利用時の明細は、大切に保管し、後日カード会社から送付される利用明細書と、必ず照合し、不可解な請求がないかどうかチェックしましょう。

 売上票の控えや、利用明細をその場で捨ててしまい、他人がそれを拾い、カード番号や有効期限を不正に使用される事件が発生しています。

 不用意に処分するのは避け、シュレッダーなどで処分するようにしてください。

暗証番号

 暗証番号は、絶対に他人に知らせてななりません。

 カード会社や警察が、電話などで暗証番号の確認をすることはありません。

 そのような電話がきた場合は、詐欺と思って間違いありませんので、警察への通報を前提に、毅然と対応してください。(こちらは名乗る必要はありません。警察へ通報しますから住所、氏名、電話番号を教えろと言えば、相手は電話を切ります。)

 暗証番号を記したメモとクレジットカードを一緒にしておいたり、電話番号、生年月日などの他人が簡単に知り得る暗証番号は危険ですので、即刻変更してください。

 暗証番号が利用された不正利用についての損害は、原則として、本人の負担となりますので、くれぐれもご注意ください。万が一、暗証番号をお忘れの方は、カード発行会社までご相談ください。

クレジットカードの保管

 クレジットカードの帯の部分は、磁気になっていて、カードの使用に必要な情報が入っています。

 磁石、テレビなど強い磁気を帯びたものに近づけないようご注意ください。

 会員番号とカード会社の電話番号を控え、他人に見られないところに保管しておけば、盗難、紛失の際でも、クレジットカード会社でもスピーディーな対応ができます。ただし、この場合でも、暗証番号を一緒に保管しないようにしましょう。



参考サイト:日本クレジットカード協会(JCCA)http://www.jcca-office.gr.jp/

copyright©クレジットカード申込比較ガイド All Rights Reserverd.