クレジットカードの仕組み

クレジットカードを利用するためには、その仕組みを知っておく必要があります。まず、クレジットカードの基本的な仕組みを良く理解しましょう。

クレジットカードの仕組み

 簡単に言うと、クレジットカード会社は、あなたがショッピングなどをしたお店(加盟店)に、あなたに代わって、その代金を支払います。

 その後、あなたは、代わりに支払われたその代金を、クレジットカード会社に支払います。

登場人物は3人です。
A:クレジットカード利用者(あなた)
B:クレジットカード会社の加盟店(お店)
C:クレジットカード会社

           A:カード利用者(あなた)

      @商品購入   ↑  ↓  Aカード提示

           B:加 盟 店 ( お 店 )

      B売上票送付  ↓  ↑  C売上代金支払

           C:クレジットカード会社

      D利用明細書  ↓  ↑  E代金支払

           A:カード利用者(あなた)

@ あなた(A)は、お店(B)から商品を購入します。
A 購入に際し、あなた(A)はクレジットカードをお店(B)に提示し、売上票にサインします。
B お店(B)は、売上票をクレジットカード会社(C)に送付します。
C クレジットカード会社(C)は、お店(B)に売上代金を支払います。
D クレジットカード会社(C)は、あなた(A)に利用代金明細書を送付します。
E あなた(A)は、利用代金をクレジットカード会社(C)に支払います。

クレジットカードの契約

 クレジットカードは、あなたがクレジットカード会社との間に契約を結んで、初めて利用することができます。

クレジットカードは信用

 クレジットカード会社と契約を結ぶためには、あなたはクレジットカード会社から信用される必要があります。

クレジットカードの貸与

 契約が結ばれると、クレジットカード会社から、あなたにクレジットカードが貸し出されます。



参考サイト:日本クレジットカード協会(JCCA)http://www.jcca-office.gr.jp/

copyright©クレジットカード申込比較ガイド All Rights Reserverd.